見栄が見えなくさせていた。

やっとわかってきた。

仕事が出来るやつでないと価値がないと思っていた。
だから、出来ないと言えなかった。
だから見栄をはっていた。
そうすることで、愛され続けると思っていた。

出来ないのに出来る振りをしてきたから、今、無茶苦茶になっているのではないか。

足元が見えなくなっていた。
何も考えられなくなっていた。

仕事をしなくていいと勝手に振る舞いはじめて、仕事を舐めていたのではないか?
いや、見栄で見えなくなっていた仕事をしっかりすることの重要さ。
見えなくなっていたのか、見なくなっていたのか。

こんなpositionにいるから、仕事をしなくてもいいと思い込んでいたのでは無いか。

したくないことはしない。これを勘違いして捉えていたのではないか。
仕事をしないと言うわけではない。
しかも、営業部にいるんだから仕事をしなくてもいいなんてことは有り得ない。

そんなことも判断出来なくなっていた。

さて、緊急に対策が必要だ。

どうする?おれ。