読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年1月から2月

1月
それなりに体、メンタルの状態を保てていた気がする
薬が残っていたのかな?
記憶が正しかったら、12月末くらいから薬を辞めたので
丁度1ヶ月
この頃から小幸レッスンに通うようになった
ダンスを楽しめていた

2月
一気に何か全てが崩れ始めた記憶
身体が重い
喋るのが億劫
考えられない
自分の意見が言えない
何故か妄想妄想
じゅんじくん、もんちゃんのことばっかり考えていた
もう、今までの我慢人生に耐えかねていて
全てが弾けたのが2月の気がする
2月11日、ダンスレッスン中に限界が来て
もんちゃんに牙を向いてしまった。本当にひどいことをした
今考えたら、大切なものを失った
あの時は、自分の事をわかってくれーっていう悲鳴を
止めきれずだった
ヒーリングを受けても受けても、何も状況が変わらない
人と会うのが苦痛だ
毘沙門天さんのすすめがあって、田中かっちゃんの
セミナーを受けた。等々力で
田中かっちゃん繋がりで高取さんをしったのもこの頃
裁いていることが自分を苦しめていることがなんとなくわかった。
マインドリージョンでなんとか直したかった
でも、フルスピとかキンソロを終わらすことが先になって
てか、わかっていなかった
ヒーリングを受けるだけでは駄目なんだ
自分と向き合うこと無くして、自分の人生は好転しない
依存していた。ヒーリングに
受けたらなんとかなるわーっていう、甘え
でも、この頃から自分との向き合いが始まっていたのかもね
体中がイタイ。
何も考えられない。
何をしても楽しくない
ずーっと頭のなかで何かを考えている
感情がわかない

そんな地獄の日々

会社でも、内勤をしていたが周りは外勤者ばかりで
居心地が悪かった
周りと違う自分に不安、恐怖、罪悪感
焦る気持ち
おれも、外勤しないと存在価値が無い
上司がリハビリを兼ねて、営業出来るよう取り計らってくれた
それはそれは、営業に行くことがとても怖かった
自分を隠していた
今の会社での営業スキルを持ち合わせていないことを
自分には価値があると取り繕っていないと
怖くて怖くて仕方なかった
恐怖していた
仕事が出来ない、しない奴は生きていても
仕方ないって思っていた

てか、鬱ってことを自分で認められていなかった

一気に苦しみが吹き出した2月だった

 

そう言えば、母親と2週間くらい一緒に住んだ。息苦しかった。多分2月のこと。

広告を非表示にする