読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

繰り返す子供の頃の感情

心が一つほどけた

上司が居る日の食事がめちゃくちゃ苦しかった。辛かった。

飯を一緒に食いに行かなくてはーって苦しんでた。

本音は行きたくないから。

~しないといけないと思い込んで苦しんでいた。

子供の頃を思い出す

週2回あった。集会の日。
行きたくなかった。
そして、繰り広げられる両親の喧嘩
怖かった。
嫌だった。
考えるだけで死にそうだった。
怯えていた。
なかったことにしたかった。

そして逃げ続ける毎日。

この時の記憶と感情を今会社で繰り返している