自分だけの感情

自分はこう思う

自分だけこう思う

自分の今の感情はこうだ

自分の感情が第一なんて当たり前

 

そう思う事に凄く抵抗がある

 

全体でこう

皆んなで同じ

って言うのには抵抗が無い

 

両親がいつも自分の感情ばかりを

前面に出してこの世の終わりみたいな

喧嘩を家でしていたのを思い出す

 

子供心に、自分の感情ばかり出すから

分かり合えないと思った

この時くらいからかなあ

感情を切り始めたのは

この時くらいからかなあ

自分と繋がりが薄くなったのは

 

喧嘩が

辛かったんだよ

俺はほったらかしで

寂しかったんだよ

怖かったんだよ

逃げ場がなく

いつも、いつ地獄喧嘩が始まるか

怯えてたんだよ

不安だったんだよ

 

社会人になって

余計拍車がかかったかも

いや、大学もやな

 

他人の悪口言わず

我慢して

男は黙って

やる

みたいな行動していた

 

俺はお前らとはちゃうねん

みたいな

気持ちもあるし

俺は優等生

俺は分かってる人間

俺は男の中の男

みたいな

仕事できるし

高貴やし

イケメンやし

 

非の打ちどころないし

完璧や

 

って思ってたなぁ

 

でも、イケメンではなかったので

モテなかった

なんでモテへんねんって思ってた

 

社会人になって

仕事で色々あって

自分の感情きったなぁ

 

まだ柔らかく

自分の深いところにあった

未処理の感情

 

きったばかりに

深く深く溜まって

腐って

カッチコチになってもた

 

背中や身体がカッチコチにいたいんも

自分の中に深く溜まってる

カッチコチの感情のサインかな?

 

先ずは自分の感情を

良し悪しなんてジャッジ入れずに

感じてあげる

 

小さいのを特にスルーせずに拾っていく

 

これが今の課題

 

f:id:soulfuls:20170509073406j:image

広告を非表示にする