怨んでグレて拗ねてた 会社編

怨んで

グレて

拗ねてた

 

頑張って頑張って

人の為にと

一生懸命になってみたけど

 

報われた気になれず

 

働かない

何もしない

お父さんが

自分より

いい給料を貰っていることに

嫉妬して

 

頑張っても無駄だと

自分を粗末に扱った

 

拗ねて拗ねて

どんどん拗ねて

どんどん自分の殻に閉じこもって

人生がどんずまった

 

にっちもさっちも行かなくなった

 

お金持ちになりたかったね

頑張れば報われると思ってたね

苦労の先に幸せがあると思ってたね

苦労せねば、と思ってたね

 

幸せは未来にはない

 

今、ここ

に幸せがあるんだと思い出した

 

イマココにしかない幸せを

すっかり忘れて

未来が幸せになるよう頑張ってた

 

ガス欠になった

 

今の幸せを感じていないから

今が幸せでないのに

何故、未来が幸せになるんだろ?

淡い幻想

勘違いしてしまった概念

 

親との関係性だった

親から受け取った前提を会社で

一生懸命再現していた

 

無価値で

愛されない人

ここにいるよ、気付いてといってる自分

 

でも、実は愛されていたという

まさかの現実に気がついて

自分に返って来た気がする