担当断った件

昔の担当のお客さん

 

今の担当がショボいから

案件支援の依頼がきた

 

断った

 

やりたくなかったから

 

このお客さんに関わる人とは

長い

4年になるのか

 

倒れた時から

もう辞めたかった

でも、中々周りがそれを気付いてくれず

なんだかんだ離れられないし

自分も周りの期待を感じて

やだって言えなかった

 

そもそも、担当する前にやだって

言うべきやったなぁ

 

で、また来た

部長からわざわざのスカウティング

 

最初の電話では

やるような素振りをしてもーたけど

2回目でやだって言えた

 

で、やらないことになった

 

正直、罪悪感

頼ってくれてるのに

役立たずな自分

 

もう、この人達からは愛されないっていう喪失感

 

思い出す

つじもとさんと上手くいかなかった時も

この喪失感を感じた

愛されない自分前提が全開やった

 

大丈夫

どうせ愛されてるし

 

てか、続きを書いてみる

 

ふと頭によぎる

 

結局、関西に転勤できんかったんも

あの会社の担当に戻せるように

なんかな?

俺の事が最優先にあるわけなかった

手元に置かれただけなんかも

相手の都合のいいように扱われた??

そんな考えが頭をよぎる

支配されそうになる

昔は支配されてた

これをきっかけに人を憎んで

マックス裏切られたと思って

ちょいオトナになったのか?

支配されなくなった

 

だからこそ

自分の意識で選んだってこと

だからこそ

自分で選ぶ事が大事

 

どうせ愛されてるし

広告を非表示にする