いい人を演じる

昨日、気づいた

 

先輩が仕事ミスった

 

で、最初は頭で色々考え始めた

大丈夫やでー

てか

ディスったらあかんとか

頭でいっぱいいっぱい考えて

悪く言わないように頑張ってた

 

ふと

 

恥ずかしい

情けない

かっこ悪い

無様

ちゃんと仕事しろよ

 

っていうディスが聞こえた

心の声だ

本音だ

 

人を卑下する

ディスるのは

ダメだと何処かで封印していた

 

いつ頃からか

いい人と言われる事が増えた

いつの間にかそれが自分だと

言い聞かせ始めた

いつ頃からか

自分の汚い部分を見なくなった

 

でも

深く深く

 

自分の本音は

ゲスかった

ひたすら

ジャッジして

卑下して

汚いと避けていた

 

自分は綺麗だと思い込んで

自分は美しいと分離して

 

いい加減さも

汚さも

嘘つきで

都合が良くて

自分がかわいい

 

そんな部分を

沢山持ってたのに

封印してたね

抑え込んでたね

ない事にしてたね

 

つらかったねー

くるしかったねー

なんとかして欲しかったね

 

昨日、これに気がついてから

なんか楽になったかも

ちょい楽になったかも

 

よかった

認められて