もう、いやや

もういやや

もういやや

もうこんなんたくさんや、

もういやや

もういやや

もういやや

こんな辛い毎日もういらん

もういやや

もういやや

もういやや

いやや、もういらん

終わりにしよう

終わりにする

私は終わりにする

この繰り返しの人生を

 

子供の頃に見ていた人生とはを

ずっと今までみてたんやね

手放します

世界は常にキラキラしてるから

もういらん

こんな毎日、もういらん

豊かな世界へ

うってでる

手放しました

エホバもおかんへの執着も

あー、おかんに応援されたかったなぁ

がんばれへんやないか

お母ちゃんがエホバに心奪われてるのが許せなかった

俺よりも常にエホバなんが許せんかった

家のなによりもエホバなんが許せんかった

ほんで、俺たちに愛情を求めてくるねんから

キモい

ほんまきもいわ

勘弁してくれよ

キモすぎる

ほんまキモすぎるから

俺は俺の人生を生きるから

だから、手放します

エホバも母への執着も

そっかー、悲しかったんやね

オカンが自分よりも他に愛を注いでいるのが

オカンが愛してるのがエホバだってことに

オカンが愛してるのが親父でないことに

エホバが常に勝ってて、俺に何かあっても俺は捨てられるってことに

エホバが常に勝つってことに嫉妬?絶望?してたね

悲しかった

お母ちゃんが愛してくれないのが

お母ちゃんが愛してるのはエホバってことが

悲しかったよー

悲しかったよー

おれ、なんでこんな人に産まれてきたんやろ

なんでエホバ以外を愛さない人に産まれてきたんやろ

なんで俺を愛してくれへんの?

なんで俺を愛してくれへんの?

おれは、あなたの不満のはけ口じゃないよ

あなたの不快を俺にぶつけないで

俺はそんな卑猥な言葉ばかり聞きたくない

お母ちゃんからは俺への愛を聞きたいねん

愛してるっていってよ、おかあちゃん

エホバなんか知らんわ

俺だけを見てよ

俺だけを見てよ

俺だけをみてよ

俺だけを見てー

エホバなんかほんましら

エホバを恨んでやる

エホバを本気で恨んでやる

エホバ、くそか

お母ちゃんの愛を持って行きやがって

俺を不幸にしやがって

エホバなんかしらんから

ぼけ、いてかますぞ

ぼけ、ふざけんな

俺の世界から出て行け

俺の世界から出て行けよ

ぼけ、しんどけ

てめーのせいで我が家は無茶苦茶やろ

お前のせいやお前のせいやお前のせいや

ボケが、ほんまこの世からなくなれエホバ

何がエホバの証人やねん

消えてなくなれ

ボケが

 

怨んでたんやね、エホバのこと

エホバの証人のこと

怨んでた

怨んでた

怨んでた

ただただ、怨んでた

忘れてたわ

怨んでたこと

この怨みと怨みへの執着を手放します

今までありがとう、

これからは不要だからね

ありがとう😊